フリーランスは勢いで仕事を片付けて稼ぐ

大阪のフリーランス大集合

もうかりまっか?大阪フリーランス成功への道

大阪のフリーランス大集合

flappeの画像

税金や確定申告、立ち上げ期に役立つコラム、稼ぐための考え方など、フリーランスに関する情報が満載!

仕事は「勢い」で片づけろ

仕事は「勢い」で片づけろフリーランスにとって、時間や金銭を適切に自己管理しなければ、せっかくの自由が不自由になってしまいます。会社勤めのように、決められた範囲のことを、決められた時間に、決められた場所で済ませなければならないという縛りがない分、生産性が低いままダラダラと時間ばかりが過ぎてしまう危険もあるのです。そこで自分の集中力を持続させる工夫をすると共に、自分の集中力を妨げない工夫が必要になります。

同じタスクに集中

コンピュータでも同様ですが、あるタスクを処理しているのを中断して、再度始めようとすると、同じ処理でありながらそれまでの集中力を維持することは難しく、再開後の生産性は落ちてしまうものです。様々なタスクを細切れにしてしまうマルチタスクは、効率が上がるどころか下がってしまうのであり、プログラマがコンテキストスイッチと呼ぶこのような状態を、極力避けなければなりません。
そこで一度火のついた自分の勢いを止めないように、同じタスクにはある程度の時間集中し続けるというスケジュールを組むことが大切です。様々な仕事の依頼があっても、あれにもこれにも手を着けるのではなく、カテゴリーごとに分けておき、1日のうちであれば3つの大きな仕事と2つの小さな仕事に留めましょう。

雑務をする時間をまとめる

フリーランスにとって、大抵はすべてを自分一人でこなす必要があるため、書類に記入したり、振込みをしたり、電話をしたりといった、特に頭を使うこともなかったり、20分以内に終わるような細々とした雑務が煩わしいものです。そこで本業に集中できるよう、このような雑務を処理する時間をまとめてしまいましょう。1週間のうちどこか1日か半日でも、そのための時間を確保しておくのです。

リストを活用

また仕事をしていても集中力が落ちたり、やる気が起きないような場合には、素早く頭を切り替えて軌道に戻す必要があります。例えば仕事に関連する情報を読んだり、大事なメモやメールを読み返したり、あるいは不要な書類をシュレッダーにかけるなど、ちょっとした達成感を得られるようなことをあらかじめリストにしておくと、集中力を回復させる薬になります。

朝の最初の1時間が重要

人によっては夜型や朝型など、集中できるリズムや時間帯に違いがあるものの、一日の最初の仕事に取り掛かる時の集中力が、そのまま一日持続するということがあります。朝一番の仕事に何をするのかは重要であり、あまり焦ったりバタバタしているのは好ましくありません。手当たり次第ではなく、朝の1時間に何をするのかを決めておきましょう。朝からバリバリ集中できる人であれば、最初に一番重要な仕事から取り掛かると良いでしょう。

会社員も必見のインフォメーション!