大阪の夏は仕事の生産性にも影響が出る暑さ

大阪のフリーランス大集合

もうかりまっか?大阪フリーランス成功への道

大阪のフリーランス大集合

コワーキング.comの画像

フリーランスの気分転換にはコワーキングスペースが使える!大阪のコワーキングスペースを探すなら、ここ!

生産性に悪影響が出る日本一の暑さ

生産性に悪影響が出る日本一の暑さ「住めば都」といいますが、それでも「これさえなければ」と地元民が思わずにはいられない、やっかいな気候や風土はあるものです。南は沖縄から北の北海道まで、南北に細長く伸びる日本列島では、いずれにおいても四季があるとはいえ、その地方ごとに特色がありそれがより郷土色を強める結果となっています。

日本一暑い大阪の夏

さて毎年、「一昔前には、こんなことはなかった」と誰もが口にする夏になると、「暑い」という言葉しか出てこないほどの、うだるような暑さも耐えがたい、猛暑日が続きます。この暑さを連想させるのは当然のごとく南国沖縄なのですが、意外にも関西の中でも大阪は、統計的にも日本一暑い土地柄といえるのです。
連日のニュースで最高気温を叩き出すこともある、京都市や兵庫県豊岡市や、大阪府の堺市や枚方市や八尾市というのはお馴染みですが、例えば8月の平均気温を都道府県庁所在地で比較すると、一番暑いのは大阪という結果が出ています。また8月の気温の平年値の高い都市を挙げても、大阪市は上位にランクインしています。そして8月の真夏日(最高気温が30度以上の日を指します)の日数を数えても、大阪は平均的に鹿児島と同じぐらいであるなど、やはり毎年トップクラスの実績を叩き出しており、更に年間の熱帯夜の日数でも、元々の気温が高い鹿児島や沖縄に次いで、大阪や兵庫が常に並んでいるのであり、年によってはトップに躍り出ることもあるのです。

大阪が暑い理由

関西で夏暑く冬寒いといえば、盆地の京都や奈良というのが常識なのですが、大阪も北・東・南という三方を山に囲まれて、平野部が狭く、西の大阪湾から風に乗って熱気が流れ込めば、その逃げ場がないという地形になっています。そしてその上に大阪の場合には、都市型のヒートアイランド現象も絡んでいるのです。商売の町であり、東京よりも緑が少なく、高層ビルが所狭しと立ち並び、巨大なオフィス街と一大商業地帯が切れ目なく連なっている大阪の市内では、自然の暑さを人の活動が更に一層暑くするという悪循環が顕著に起きています。
クールビズを推奨しできるだけ電気の消費を抑える工夫をしているとはいえ、この暑さに室内においても熱中症の心配が叫ばれており、嫌でもクーラーをつけざるを得ない状況に、こぞって熱風を外気にどんどん送り込むため、アスファルトとコンクリートで覆われた外は、より一層の灼熱地獄と化すのです。そして瀬戸内式気候と呼ばれる大阪の気候は、そもそも雨が少ないのが特徴です。今では局所的に猛烈な集中豪雨を降らせる、ゲリラ豪雨の危険もありますが、一般的にはそれほど雨を期待できるわけではありません。

会社員も必見のインフォメーション!